お手頃カレー粉。ホーチミンで韓国カレー作り「OTTOGI CURRY(オットギカレー)」

Ottogi curryの画像料理

国の数だけカレーはあるってくらい種類が豊富なカレー。
今回はカレー作りです。

 韓国商品が豊富なホーチミンのスーパー

OTTOGI CURRYの画像

こんにちは、りっつです。

今回もスーパーの商品ネタ。

駐在者が多いベトナム、ホーチミンには様々な国の人が住んでいます。

ホーチミン市内でいうと、日本人はだいたい1万2千人ほど(2019年時)、そして韓国人は約9万人!!
めっちゃ多い!
なので、必然的に韓国スーパーがたくさんあります。

韓国人が多く住むエリアは主に7区と2区らしく、私が住んでいる2区には、続々とハングルのお店が増えています。
スーパー以外にも、ネイルサロンや、スパ、クリニックといったものまで。

そうやって韓国人人口が増えてくると、ベトナムスーパーの一角にも、韓国製商品のスペースが拡張。

私の行きつけのスーパー、ビンマートには、韓国製商品がこんな風に↑↑ずらりと。
調味料類、ソース、レトルト食品などなど・・・・。

他にも商品はあり、ますます増えそう。

海を隔ててはいますが、お隣の韓国の商品は、日本と似通った物が多いので、結構重宝することも多いです。

お値段チェックして、安いほうを買う我が家。
海苔なんかは韓国のほうが安いので、そっちをチョイス(我が家こだわりがないので)。

 韓国カレー??

OTTOGI CURRYの画像

そんな中にカレー発見!

ハングルは全く読めないのですが、写真を見ても分かる通り、真ん中上部に「OTTOGI CURRY MILD」とあります。
「OTTOGI」というのは、韓国の有名食品メーカーらしく、様々な商品を見かけます。

パッと見は、レトルトカレーに見えますが、こちらはパウダー状のカレールーになります。
手に取ると、液体じゃないので、慌てて買わない限り、気づくかなと。

OTTOGI CURRYの画像

たーだーし!
同じメーカーでもパウチではなく、箱のほうは「カレールー」ではなく「レトルトカレー」

ハングルが読める方は間違わないのかもだけど、これは間違いそう・・・。
同じような場所に並んでいますし。

 早速買ってみた

OTTOGI CURRYの画像 OTTOGI CURRYの画像

43,000ドン 約260円

中味は固形ではなく、パウダー状でパラパラ。
溶けやすそう。

日本のカレールーは、かなり茶色いですが、こちらはターメリックが多いのか黄色いです。

 韓国のカレールーでカレー作り

OTTOGI CURRYの画像

レシピは裏に載っています。

ハングルで書かれていたのを、上からベトナム語で訳したシールが貼られています。
まぁどっちにしろ読めませんがね・・・・。

この袋に書かれているレシピの訳を見つけました。
それがこちら↓↓

【Ottogiカレーの材料】(4人前)

オットギカレー粉1袋
肉(牛・豚・鶏)130g
玉ねぎ中2個
じゃがいも大1/2個
人参小1/2本
食用油大さじ2
700cc

【作り方】

  1. 肉、玉ねぎ、じゃがいも、人参を切り、油でよく炒める
  2. 水を入れて、材料が柔らかくなるまで煮込む
  3. 弱火にして、オットギのカレー粉を少しづつ入れてよく混ぜて完成

日本のカレー作りとほぼ一緒!
なので、そんなに問題はないと思います。

 気になるお味は??

OTTOGI CURRYの画像

出来上がりはこちらです。

本格的なカレーっていうよりも、給食のカレー的な懐かしい感じですね。

今回は、レシピとは違い、肉ではなくハマグリを入れました。

以前記事に書いた、激安ハマグリ使用。

そちらの記事はこちら↓↓

お味は、日本のカレーよりもマイルドですね。

韓国=スパイスのイメージがありますが、お子さんでも食べれそうなお味。
小麦粉が多めなのか、結構トロミもつきます。

ハマグリの出汁がきいていて美味しい!
ハマグリ入りのカレーを初めて作りましたが、カレーとの相性抜群!

日本のカレールーよりも、お手頃な価格且つ、手に入りやすいので、気になる方はぜひぜひーー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました