名前は知ってるけど食べたことない南国フルーツ「マンゴスチン」ってこんな果物♪

マンゴスチンの画像その他

今回は屋台で買ったフルーツ「マンゴスチン」の食レポ。
初体験のフルーツは、大変フルーティで美味しい!

 まだまだ知らない果物がたくさんのベトナム

南国フルーツの画像

こんにちは、りっつです。

南国フルーツは日本でも人気でスーパーなんかでも手軽に購入可能。
一番のメジャーどころはマンゴーやパイナップルなんかでしょうか。

パパイヤ、パッションフルーツ、グァバ、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ・・・と書いていくとキリがないんですが、このあたりになると、「パッと見」では、一瞬なんのフルーツか判断がつかないのでは??

ホーチミンのスーパーで売られている南国フルーツは、正直よくわからない物も多くスルーしてしまいがち。
だって、食べ方すらよくわからないもの多し!

「カットされている状態」では何のフルーツかわかっても、スーパー等に売っている丸ごと一個状態だと余計に「???」状態。

今回ご紹介するマンゴスチンもそれに該当しそうです。

 果物の女王「マンゴスチン」の効能

マンゴスチンの画像

いったい「〇〇の女王」ってやつはいくつあるのか・・・。
なんだか調べるたびに登場するこのパワーワード。
マンゴスチンは「果物の女王」だそう。

とにもかくにも、この南国フルーツ、マンゴスチンは大変栄養価が高いフルーツになっています。
鉄分、ビタミン、ミネラル、カルシウムなど様々な栄養素が含まれていますが、特にすぐれているのが、「ナイアシン」だそうです。
「ナイアシン」というワードは化粧品やサプリ系で、たまに耳にしますよね。
ビタミンの一種で、細胞の再生、美肌、美髪にかかせない成分です。

あぁ、女子には必須の栄養素。
日本では大変高価な果物ですが(南国の果物あるある)、ここはベトナム。
安価に手に入ります。
いやっほーー。

 屋台にて購入

マンゴスチンの画像

ホーチミンでは、ちょいちょいリアカーのような屋台で果物を販売している人がいます。
旬の果物を売っているので、それを見て「今がこれが旬なんだ」と気づけます。
正直年中暑いので、旬なんてないと思っていましたが、案外あるんですよね。

今回比較的安価で購入でき、10個で40,000ドン(約200円)ほど。

 マンゴスチンの食べ方とそのお味

マンゴスチンの画像 マンゴスチンの画像

  1. 上下ひっくり返してお尻を上にする
  2. ヘタの反対側(お尻のほう)に爪をぐっと押し込む
  3. 爪が適度に皮にめり込むので、そのままパカっと割る

どうやら、新鮮なものほど外皮が柔らかいらしいです。
手で簡単に割れて食べれるので、包丁いらずで食べやすい。

食べにくい(処理がね)南国フルーツ代表「パイナップル」と大違い。
こんな外見から、真っ白でジューシーな見が出てくるなんて素敵。

気になるお味はカサカサの外皮に対して、ジューシーな果肉が大変フルーティ。
ライチに近いお味で、もう少しミルクっぽい濃厚さ。
主張しすぎない味で美味しい!!!
この白い実の中に種も入っているので、注意です。

今回こんな機会に恵まれてマンゴスチンデビューをしましたが、大変好みのお味で満足でした。
冷やして食べるとますます美味しい!サイコー。

つくづく「もっと南国フルーツを食べにゃ」と感じました。
どうもマンゴスチンは日本だと一個100円ほどだとか。
こっちだと約10分の1!!

南国にいるうちに安価な南国フルーツを堪能してみましょう。

ちなみに「果物の王様」はドリアン・・・。
うーん、私は苦手なのでこれは回避で!(きっぱり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました