ホーチミンのスーパーで「BASA」のすり身を使い「魚ハンバーグ」作り!

料理

みんなが大好きなハンバーグ。
たまには魚のすり身を使ってヘルシー、カロリーオフに。
成型して冷凍保存しておけば、「買い物めんどくさいなー」って時にも使えます。

 「BASA」ってどんな魚?

BASAの画像

こんにちはりっつです。
今回はレシピなんぞでも・・・。
あ、ちなみに料理は全然好きじゃないです。
あくまで節約のための料理ね!!

今回メインの食材である「BASA(バサ)」は、日本ではあまり馴染みのない魚。
実はナマズ目パンガシウス科に属する淡水魚です。

ナマズと言っても、外国ナマズなので体長は120cmと日本のとは全然違うっぽい。
味はあっさりとした白身の魚で、クセはなく食べやすい。
以前私が住んでいたカナダでも冷凍コーナーにあり、タラの代わりによく使っていました。

 どこに売っているの?

BASAの画像

売り場は、普通のスーパーの鮮魚コーナー。
練り物系が充実しているので、そのあたりにあります。
上の画像では、右上のやつね。

500g入りで29,000ドン(約145円)とかなりお買い得!
ちなみに色違いの緑色のは、バジル入りだそうです。
それはそれで美味しそうだわ。

 魚ハンバーグ作り!

BASAの画像

☆魚のすり身でふわふわさつま揚げ☆

クックパッドで人気のこのレシピをアレンジして作ってみました。

【BASAで魚ハンバーグ】大3つ分

BASAのすり身500g
炒めた玉ねぎ一個分
コーン適当
一個
タピオカ粉(片栗粉の代用)大さじ3~
小さじ1
はちみつ(or砂糖)小さじ2
しょうが大さじ1

【作り方】
  1. タピオカ粉以外の材料をボールに入れよく混ぜる(入れる野菜は水分が出ないようにあらかじめ炒めておく)。
  2. タピオカ粉を大さじ1づつ入れていき、ぎりぎり成型できる固さになったらストップ(大さじ4ほどでした)。
  3. 多めの油で揚げ焼きに。中火で3,4分。裏返して弱火にして7,8分じっくり焼きます。焦げ目があるほうが香ばしくて美味しい!

料理中の画像 魚ハンバーグの画像

中に入れる具は、大葉にコーン、人参とゴボウ、キムチとコーン等々、お好みに合わせて無限にアレンジ可能!
これは焼くとかなり膨らみます!
なのでボリュームたっぷりで満足度は高い!

お味は、ハンバーグってよりさつま揚げに近いですね。
噛み応えもむぎゅむぎゅしています。
ポン酢をかけてあっさりと食べるのがオススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました