ホーチミンでお料理!手軽で便利な剥き身ハマグリで混ぜご飯作り

貝の画像料理

めっちゃお久しぶりにお料理レシピをご紹介♪

 ホーチミンは貝料理が豊富

貝の画像

こんにちは、りっつです。

お久しぶりのレシピ投稿になります。

意外や意外、ベトナムでは貝料理が大変ポピュラー。
屋台ではもちろん、貝料理専門のレストランもそこらじゅうにあります。

日本ではあらゆる貝をまとめて「貝」といいますが、ベトナムでは・・・

「巻き貝=Ốc(オック)」
「二枚貝=Sò(ソー)」

と、分けるそうで、それくらい貝の種類が豊富ってことでしょうね。

貝料理レストランについて、こちらのサイトが詳しく書いてあります。
良かったら参考にどうぞ。

VIETJOLIFE:ベトナムの貝屋さんでの注文の仕方

外で食べる時の注意点は、やはりローカルや屋台などは、あたるかもしれないってことでしょうね。
しっかりと加熱されていなかったりすると、ちょっと怖いですよね。

あとはめっちゃ個人的な意見ですが、ちっちゃい貝が多いので「殻をむくのが面倒」。
これに尽きる!

ベトナムの人達は、小さい頃から食べなれているせいか、小さいしじみサイズの貝を、器用に食べていますが・・・・。
うーん、一気にかっこみたい!!
ちまちま食べたくない!!

まぁ外食には多少リスクがありますが、お家で料理をするなら、比較的安心して食べられるのではないでしょうか。

 スーパーの鮮魚コーナー

貝の画像

左:「HEN=しじみ」
右:「NGHEU=はまぐり」

スーパーの鮮魚コーナーには、殻無しで茹でてある貝が。

家で貝料理をするのって、微妙にハードル上がりませんか?
殻付きの状態のを買って、塩抜きしたり・・・なんか。

でもこんな風に、あらかじめちゃんと下処理している状態で売っていたら、一気に料理のハードル下がる。

右はてっきりアサリだと思って購入しました。

ハマグリって人生で数回した食べたことないので・・・ナサケナイ。

このハマグリはむき身200gで26,000ドン(約130円)。

ハマグリってたしか高級貝では?!
お高めのお店のすまし汁なんかに入ってた気が。

ベトナムだとめっちゃお安い。

 激安ハマグリで混ぜご飯

今回は甘辛く味付けして混ぜご飯にしてみました。

クックパッドさんのレシピの分量や具をアレンジ。

このレシピではアサリを使っていますが、それをハマグリで。

【ハマグリの混ぜご飯】(ご飯3合分)

ハマグリのむき身200g
人参3,4cm
シイタケ4個
生姜5g
醤油・酒・みりん各30cc
砂糖大さじ1
顆粒出汁小さじ1
150cc

【作り方】

  1. フライパンに生姜~水の調味料を入れ、中火で加熱
  2. 砂糖がとけたら、人参、シイタケ、ハマグリを投入
  3. ぐつぐつくらいの火加減で煮ていき、煮汁がほぼ無くなれば完成
  4. 炊いたご飯(3合)に混ぜたら完成♪

参考レシピ:COOKPAD「冷凍むき身で簡単に✩あさりの混ぜご飯」

混ぜご飯の画像 混ぜご飯の画像

ハマグリよりも人参のほうが主役っぽい写りですが、ハマグリの食感が美味しい!

しっかり味付けなので、混ぜご飯にせず、佃煮みたいに食べてもアリです!

 殻付きも売ってます!

貝の画像

殻付きが欲しい!茹でてあるのじゃなく、生の方が良い!って方はこちらをー。
めっちゃたっぷり入っていますよ!

貝もハマグリ以外にもありました。

スーパーに行ってじっくりチェックしてみるといいですね。

友達曰く、この殻付きのほうは、砂抜きしなくても良いそうです。
ってそもそもハマグリは砂抜きってしないんだっけ?

とりあえず、このまま酒蒸しにして、ライムをきゅーっと絞るとお酒が進みそう。
私は下戸なので、がっつりご飯のほうがお好みですが。

料理に合わせてチョイスしてみましょう。

ベトナムでは貝が安いので、貝料理の頻度が増えそうだわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました