ホーチミンのスーパーで手に入る年齢別の離乳食まとめ

離乳食の画像買ってみた!商品

日系のお店や、わざわざ日本から送って貰わなくても、そこらのスーパーで手に入る離乳食をまとめてみました。

 今回は離乳食のまとめ

離乳食の画像

こんにちは、りっつです。

ホーチミンで出産、育児をスタートって方は年々増えてきているそうです。

慣れない育児&海外生活で、色々と気を遣うことも多く、ばたばたしがちな毎日。
育児が慣れ始めたら、あっちゅうまに離乳食がスタート!

今回はわざわざ日系のスーパーまでいかなくても、比較的どこのスーパーでも手に入りやすい離乳食や、離乳食として使えそうな商品をご紹介♪

少しでも参考になると嬉しいです。

 離乳食初期~

お粥の画像

離乳食の初期は、一日一回スプーンに一口からスタート。
めちゃくちゃ少ない!

そのためにわざわざお粥を作ったりするのは、なかなか面倒。
ホーチミンのスーパーで、山のように売っているインスタントお粥はいかがでしょう?

袋の中には、乾燥粉末状のお米と味付け用の袋が別々で入っています。
乾燥状態なので、少量だけ使うのにもってこいですし、ヨーグルトや水でもちゃんと戻せましたよ。

一袋3,000ドン(約15円)~と、お値段も大変魅力的。

こちらの記事でご紹介↓↓

***********************************************************

fruit me upの画像

お米にも慣れてくると、徐々に他の物にも慣らしていきたいですね。
それでもまだまだ少量で、一種類づつからスタート。
アレルギーが心配なので。

この「Fruit me up」は、無添加で砂糖不使用で離乳食にぴったり。
お粥に足してもいいですし、ヨーグルトに混ぜてもいいですね。

ほんのり甘いフルーツなら、赤ちゃんもがっつきそう。

お値段はだいたい100円ほどなので、お財布に優しい。
余ったらジャムのようにパンやヨーグルトに入れて大人も楽しめます♪

こちらの記事でご紹介↓↓

************************************************************

オートミールの画像

栄養価を考えると、オートミールもいいですね!

定期的にオートミールを食べるって方は、これも十分に離乳食として使えます。

食物繊維、ミネラル、タンパク質が豊富なオートミール。

こちらの記事でご紹介↓↓

 離乳食中期~後期

Cerelacの画像

食べられる品数がどんどん増えてくると、栄養バランスも気になるところ。

安心・安定のNestle(ネスレ社)の「Cerelac」は、月齢に合わせて離乳食を展開。

6か月から使えるものは、穀類がメイン。
8か月~、10か月~と月齢に合わせて、野菜の種類が増え、お肉などのたんぱく源も追加されます。
粉末状だし日持ちもし、これだけで色んな栄養が摂取できて親としては大助かり。

お値段は300円弱。
これ一箱で結構もちます。

水や牛乳、豆乳に混ぜ込んだり、お粥やヨーグルトに混ぜたりして使用します。

こちらの記事でご紹介↓↓

***********************************************************

Chao Tuoiの画像

歯が生え始めてきて、かみかみができるようになると、少し歯ごたえがあるものを与えていきたいところ。

SGFOODの「Chao Tuoi」は、月齢に合わせた具沢山のお粥を、レトルトパウチで展開中。
レトルトなので、軽くあっためるだけでOK。

野菜・お肉・魚・エビ・・・と味のバリエーションが豊かで、一袋100円~150円ほどですね。

開封するとそこまで日持ちしないでしょうし、食事量が増えてきた離乳食後期が良さそう。

こちらの記事でご紹介↓↓

 離乳食後期~

ベジタブルヌードルの画像

もうだいたいの物が食べれるし、味付けさえ気を付けたら・・・ってくらい離乳食が進むと、卵の乾麺なんかはいかがでしょう。

一応少量ではありますが、野菜を練りこんであります。

茹で時間1,2分と短いので、お腹すいてぐずっていても、あっちゅうまに作れます。

うちの長女はもう5歳ですが、これが大好きでしょっちゅう食べてます。

量がちょうどいいので、小腹が空いたときにも与えやすいです。

こちらの記事でご紹介↓↓

***********************************************************

離乳食の画像

日系のお店で買うと、やっぱりお値段がお高いですし「わざわざ行く」って形になるので、ちょっと面倒。

せっかくベトナムにいるのなら、現地の物を使ってみるのが手軽。
普段行くスーパーで買えるのなら、大変便利。

アレルギーには十分注意して、お子様の年齢や体調に合わせて判断していきましょう。

気になる方はぜひぜひーー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました