妊娠初期13週目〜ホーチミン「ハンフック病院」でまさかの新型出生前診断の結果!!!

病院の画像妊婦検診 in ホーチミン

さて、前回は新型出生前診断の結果になります。

 ハンフックから呼び出しが・・・

ハンフック病院の画像

こんにちは、りっつです。

前回、ハンフック病院で新型出生前診断を受けました。

約一ヶ月後に連絡があると言われたんですが、急遽ウェルビーを通して電話が。

「新型出生前診断で問題があったのですぐに病院に来てください」とのこと。

嫌な予感しかしませんが、一番近い日に予約をお願いして夫婦で来院。

 新型出生前診断の結果

新型出生前診断の画像

病院から貰った検査結果がこちら。

検査自体はアメリカのラボからなので、全て英語ですね。

私の場合、18トリソミー、13トリソミーの染色体異常がかなりのハイリスクという結果に。

ただ、先生曰く「ハイリスク=確定」ではないそうです。

あと、右上の「3.8%」という箇所ですが、これは私の血液に混ざっている赤ちゃんのDNAの%らしいです。
これがどうもかなり少ないらしく、それが余計に診断を難しくしているそうです。(少ないからといって異常ではないそうですが)

10%くらい混ざっているともっと診断が分かりやすいらしいですが。

新型出生前診断の画像

これが詳細です。

通常は13、18トリソミーは200分の1ですが、わたしは17分の1になっています。
ということで「ハイリスク」という結果に。

13,18トリソミーはどちらもとても重い障害で、無事産まれたとしても1年も生きることは難しいという具合で。

もし産むなら、看取る前提で産むという覚悟になるそうです。

 今後の流れは・・・

病院の画像

先生と話し合った結果、これで染色体異状が確定したわけではないとのこと。

妊娠16週の5か月目に入ったら「羊水検査」が可能に。
羊水検査だと「陽性・陰性」かが100%判断できるということで、羊水検査をすることに。

羊水検査は、1区ではなくビンズンの本院に行かないとできないらしく、その場で病院の予約をしました。

正直かなり落ち込みましたが、今はどうすることもできない状態。
陽性の可能性も覚悟するつもりです。

今は無事を祈りつつ、つわりを乗り切るのみです。

そして今回は支払いはなし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました